タグ別アーカイブ: 春分点

3月の行事【2】

jinchouge_2-horz-vert

2ー1.春分の日

日本国民の祝日である「春分の日(しゅんぶんのひ)」は、初め、春季皇霊祭(しゅんきこうれいさい)といって、お彼岸に先祖を祭る日だったのです。春季皇霊祭は、1878年( 明治11年 )改正の「年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ム( 明治11年太政官布告第23号)」から1947年( 昭和22年 )に廃止される「休日ニ關スル件(昭和2年勅令第25号)」まで続いていました。その後、春分の日は、新たに日本国民の祝日として「国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)」によって定められたのです。

黄道_2-horz

春分の日というのは、二十四節気を配置する方法として知られる、定気法(ていきほう)、別名「空間分割法」によって導かれた春分日(しゅんぶんび)に設けられる国が定めた祝いの日で、「自然をたたえ、生物をいつくしむ。」といった趣旨があります。例年、春分日は、3月20日あるいは3月21日に設定されています。それは、地球から空を見上げて無限に広がる空間を球体と仮定した天球上の黄道と呼ばれる太陽の見かけ上の通り道に、黄緯・黄経といった黄道座標を設定し基準となる天の赤道(地球の赤道面を天球に当てはめたもの)と黄道が黄経0度で交わった点(春分点)を意味しています。ちなみに、夏至点は黄経90度、秋分点は黄経180度、冬至点は黄経270度ということになります。すなわち二十四節気は、黄道(360度)を15度毎の24分点に分割して定められているのです。
日本における、春分日および春分点到達時間は、下表の通りです。

Table-1.日本の春分日および春分点到達時間

No,
 西 暦 
 春分日 
春分点到達時間
1
2014年
3月21日
1時57分
2
2015年
3月21日
7時45分
3
2016年
3月20日
13時30分
4
2017年
3月20日
19時28分
5
2018年
3月21日
1時15分
6
2019年
3月21日
6時58分
7
2020年
3月20日
12時49分
8
2021年
3月20日
18時37分

黄道_5
地球の場合、春分点に歳差(さいさ、precession)が生じる一番の原因は、「太陽と月の重力の二次的効果によって起こる潮汐力(ちょうせきりょく、tidal force)」の強さが時間とともに変化するということです。常に、太陽と月は、その位置関係が変化しているので、地球に影響を及ぼす高精度の天文計算を行ううえで、重要な周期成分となる、「黄経の章動 (黄道に沿った方向の成分) および黄道傾斜角の章動(黄道に垂直な方向の成分) 」といった、いわゆる章動(しょうどう、英 : nutation)の成分をもたらすことになるのです。地球の自転軸に章動の成分が与えられると、月の軌道(白道)と太陽の軌道(黄道)との交点が歳差によって黄道上を一周する周期に等しい18.6年周期で変動するようになり、章動としては最大の成分になっているのです。

【参考資料】
1.春分の日「Wikipedia ; https://ja.wikipedia.org/wiki/春分の日」
2.春季皇霊祭「Wikipedia ; https://ja.wikipedia.org/wiki/皇霊祭」
3.国民の祝日「内閣府ホームページ「国民の祝日」について ; http://www8.cao.go.jp/chosei/shukujitsu/gaiyou.html」
4.定気法「Wikipedia ; https://ja.wikipedia.org/wiki/定気法」
5.黄道「Wikipedia ; https://ja.wikipedia.org/wiki/黄道」
6.黄道座標「Wikipedia ; https://ja.wikipedia.org/wiki/黄道座標」
7.春分点「Wikipedia ; https://ja.wikipedia.org/wiki/春分点」
8.歳差「Wikipedia ; https://ja.wikipedia.org/wiki/歳差」
9.潮汐力「Wikipedia ; https://ja.wikipedia.org/wiki/潮汐力」